ブログを簡単に書くためのコツ 習慣化とテンプレート ほとんどのことは習慣化で解決します。

ブログを書いていても仕事が忙しかったりプライベートの予定が入ってしまったりして、なかなか更新できないことってありませんか?私もそうなんですが仕事が終わって帰ってきて、食事をしてやっとブログを書く時間が作れたと思うと結構遅い時間になっていたりします。そんなときは仕事の疲れもあって今日はいいかななんて考えているうちに何日か過ぎてしまい。いつの間にかブログを辞めていたなんて人って多いんじゃないでしょうか?この記事では更新の負担をできるだけ軽くする方法を紹介していきます。

時間がなくてもブログを更新しやすくする!

ブログを簡単に書くためのコツ 習慣化とテンプレート ほとんどのことは習慣化で解決します。


もしあなたが毎日ブログを更新したいと思った時に、最初にぶつかるのが先ほどのように疲れていたり予定が入ってしまい更新ができなくなることだと思います。何か新しいことを始めるようと思った時には、それが習慣化しないうちはなかなか継続できるようになりません。ではどうしたらいいのか?これから、順番にご紹介していきましょう。

習慣を作ることで簡単にブログを書けるようにする

カナダの大学の研究では人間は習慣化したいことを週に4日以上続けると、50日前後でその行動が習慣化されるという結果が出ています。1週間の中で習慣化したい行動をおこなった回数が多ければ多いほど、その習慣は継続しやすくなっていきます。この大学の研究内容のポイントは回数の頻度でした。週に1〜2回高レベルの内容を続けるよりも、週に4回以上レベルは低くても頻度を上げていくとその行動は習慣化されます。つまり、この大学の研究内容をブログ継続に応用すると、ブログを書くことを習慣化するためには一度に5,000文字以上の情報量を込めたブログを書くよりは、1,000文字前後でもいいので週4日以上継続していくことがポイントになっていきます。

どうしても時間が作れない理由

冒頭でも書きましたが、僕も以前はブログの更新回数が少なかったです。あなたと同じように時間がない。
続けられない。と思ってました。しかし、本当にそうでしょうか?ほとんどの人は1日の大半の時間を何も考えずに行動しています。もう一度言います。あなたは一日中何も考えずに過ごしているんです。そして年末になると毎日、今年もあっという間だったな〜。と言いながら何年も経っていくんです。今年もあと10日ですけど。このブログを読んでいるあなたは、今年もいろんなことに挑戦して充実した時間を過ごして充実した一年だったな〜。楽しいことはあっという間だったな。と言えますか?ご飯を食べたから歯を磨く。時間になったから会社に行く。休憩時間に食事する。歯を磨く。やることがないからスマホでゲームする。惰性でやっているだけのスマホゲームに課金する。何も考えてないんですよ。そこにあなたの意思や考えなんて何もないんです。そろそろやめませんか。気付いて下さい。お金は後から稼げます。課金もいいでしょう。でも、その時にあなたは絶対に取り戻すことも増やすこともできない「時間」という資源を使っているんです。どうせ何も考えてないなら、少しは自分や仲間のために時間を使いませんか。

時間を作り出すためには

答えは簡単です。やらなくていいことをやめて、そこで開いた時間をやりたいことに使えばいいんです。僕のことを少し話しましょう。今のあなたよりもひどい生活を送っていました。朝、出勤ギリギリに起きる。車を飛ばして遅刻ギリギリに出勤。顧客と上司からの理不尽な圧力。休時間は不規則で11〜19時の間に取れたらとる。顧客対応が終わってからの事務処理があるので顧客対応が終わった時点で1時間以上は残業している。ストレスで飲みに行く。(仕事を早く終わらせた時も同じで、翌日が公休の時は朝まで。)遅くまで飲んで帰宅。そりゃあ朝ギリギリまで寝てるわけですよ。私の場合は分かりやすいくらい酷かったので、分かりやすいかもしれませんが自動車通勤をやめて車を売ってお酒を飲みに行くのもやめました。正確にいうと、全く飲みに行かなくなった訳ではないのですが。回数が減らしました。それまでは週に4〜5日そんな生活をしていたんですが。行っても週1日くらいになりました。習慣化されていたことをやめて、そこにやりたいことを置き換えたんです。今はブログに取り組むことに力を入れているので、開いた時間にブログを書いています。バスで通勤中にブログの原型を作る。仕事中にスマートフォンは使えないので手帳を持ち歩き気付いたことや思いついたことをメモする。休憩中はスマートフォンかタブレットである程度の形まで作ってしまう。または、以前書いたものの校正や書き直しなどをしています。帰宅中のバスでは昼間手帳に書いたメモをまとめたりアイデアにつなげたりしています。帰宅したらパソコンで記事を完成してアップしています。(以来のあった案件の場合は納品)このように、時間は作り出すことができるんです。

習慣を作り継続するためには

僕の例のように今まで習慣としてやっていたことを別のことに置き換える。例えるならタバコがやめられない人が喫煙習慣を止めるためにガムを噛んでいたりしますよね。あのイメージです。ガムを噛みながら器用にタバコを吸う人もいるかもしれませんが。今やっていることを別な同時にできないことに置き換えるんです。僕の場合は自動車通勤をやめたので、そこに更新数を増やしたかったブログの時間にしました。飲みに行っている時間を自宅でブログ執筆に置き換えました。僕の場合は今ブログに時間を使うことを優先したかったのでこうなってますが。体を鍛えたいやダイエットをしたいだとすれば、自転車通勤にしますし勤務終了後にジムに行ったり自宅で筋トレアイテムを買って、それをネタにブログを書くかもしれませんね。余談ですがいきなりハードルを上げてはいけないので、自転車通勤なら最初は自宅から駅までとかひと駅分くらいから始めるのがおすすめです。何か始めようとすると初めにハードルを上げてしまい、途中でモティベーションが落ちてしまうので少しずつ続けるのがポイントです。そして、今までの習慣から新しい習慣にしたいことに置き換えたら、それができやすい環境を作ることです。僕の例でいうとポイントはスマホやタブレットを使っていることですね。身近にあってすぐに使えるものを使っているという点です。それまでの僕は作業をするなら画面が大きいパソコンでやった方が早いと思っていましたし、その方が一気に作業を進められると思っていました。しかし先ほどのように、全く関係のないことに時間を使ってしまっていました。あなたが新しいこと(この記事ではブログとしてますが)を始めたいと思った時はすぐに、少しずつでもできるようにしてください。そのまま週4日以上を実行していれば約50日で、新しいあなたに生まれ変わっています。ここまで読んでいただいてありがとうございます。この方法を身につけることができたあなたなら、どんな時もどんなことでもできるようになっているはずです。このままこのブログを閉じてしまって結構です。ここから先は、ブログを続けるときの効率化の話です。

ブログを簡単に書くコツ テンプレートを使う

簡単にいうと型を作るということなんです。スポーツでもなんでもそうですけど、こういう時はこうするなどの一定のルールがあります。多くの場合は先人の知恵なので、そのとうりにやった方が早く上達しますよね。ブログでいう型とはテンプレートです。まだブログを始めたばかりでこの記事にたどり着いたあなたは、色々なブログに出会ったと思います。その時どう思いましたか?このブログ好きだな〜。読みやすいな〜。と思ったりしませんでしたか?そう思ったなら、そのプログをパクってしまいましょう。マルパクリはダメです。そのブログが読みやすいのは何故なのか。どういう流れで書かれているのか分析してみて同じように読みやすい、あなたの書いたブログを好きになってもらえるように構成を作ってみましょう。もちろん書きたいことを書きたいように書いていくのもいいですが。お手本どうりに書いていくようで上達も早くなりますよ。

ブログを簡単に書くコツ 画像もテンプレート

この見出しに突っ込んだ人もいると思いますがちょっと待ってください。ブログってコンセプトによっては画像や写真メインのブログもありますが。ここまで読んできたあなたは違いますよね?だから、この見出しを一番最後にしたんです。さっきも言いましたが。コンセプトや見にきた人によって趣味趣向もあるので一概には言えませんが。ブログを読みにきた人にとって画像ってそんなに重要ですか?あくまでもアクセントじゃないですか?もし、あなたがステーキで有名なお店にテレビやネットを見て予約をして行った時に、シェフがあなたが楽しみにしていたステーキのことではなく、今日の付け合わせのコーンはっなんて話を熱心にされても困ってしまいませんか?なので。画像もテンプレートだと思って、こういう題材の時にはこの画像を使うなどでいいのであなたの中でルールを決めてしまった方が、画像を探したり選ぶ手間が減るので更新が楽になります。

まとめ

今回のテーマは習慣化についてです。いいえ。

ブログを書くのをできる限り簡単にできるようにするためのコツを書いていきました。

  1. 今やっていることを置き換えて少しずつ週4日以上のペースで継続する。
  2. 自分が読みやすいと感じたブログを参考にして読みやすい組み立てを作る。
  3. 文章を読んで欲しいブログの場合は画像は付け合わせだと思え。

ご質問や取り上げてほしいテーマ、仕事の依頼は「問い合わせ」や「LINE@」からお願いします。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!